概要: 2022年に栃木県で開催される第77回国民体育大会において、本市は正式競技バレーボール(成年男子)、ラグビーフットボール(全種目)の会場地として選定されております。
    国体の開催に向け、「第77回国民体育大会佐野市準備委員会設立発起人会」を開催するとともに、「第77回国民体育大会佐野市準備委員会」を設立いたします。

□ 内容 
 1 設立発起人会の開催について
  ・設立発起人会では、市準備委員会の設立に向け、設立の趣旨の起草、市準備委員会の役員・委員等の候補者の選定などを行う予定です。
  ・発起人は、国民体育大会の開催準備において、中心的な役割を担う行政・市議会・団体の代表者等である以下の者で構成します。
   発起人会:市長、市議会議長、教育委員会教育長、体育協会会長、商工会議所会頭、あそ商工会会長、観光協会会長

 2 市準備委員会について
  ・栃木県や競技団体、関係機関との緊密な連絡調整を行い、準備を進めていくため、平成31年に設置予定の「第77回国民体育大会佐野市実行委員会」の事前組織として、平成30年秋ごろに「市準備委員会」を設立します。
  ・「市準備委員会」は、行政をはじめ市議会、教育委員会、スポーツ団体、関係競技団体、運輸・通信、宿泊・飲食、保健・医療、社会団体など多岐にわたる関係機関・団体で構成します。

□ スケジュール
  設立発起人会
   日時:平成30年8月9日(木)午前11時
   場所:市役所市長公室
  
市準備委員会設立総会・第1回総会
   日時:未定
   場所:未定

栃の葉国体参加者数

選手・監督・都道府県本部役員(夏季・秋季大会) 23,340人
競技役員・補助員(夏季・秋季大会)        4,113人
栃木県選手団の成績

天皇杯(男女総合成績第1位)  皇后杯(女子総合成績第1位)
13競技で第1位を獲得(総得点 323.08点)
昭和55(1980)年、本県初の国体となる第35回国民体育大会「栃の葉国体」が、夏季大会と秋季大会の二つの会期で開催されました。
 大会は、「のびる力 むすぶ心 ひらくあした」のスローガンのもとに、全国47都道府県から選手・監督等23,340人が集い、県内各競技会場において熱戦が繰り広げられました。
栃木県選手団は、13競技で第1位を獲得し、天皇杯・皇后杯の獲得という輝かしい栄光と、数々の成果を残すことができました。

 また、この大会を契機として、公共施設や道路などが整備され、当時の競技会場となったスポーツ施設は、現在の生涯スポーツや競技スポーツ活動の拠点として、本県のスポーツ振興はもとより、県民の体力向上や健康づくりにも大いに寄与しています。