令和4年6月25日(土)に、いちご一会とちぎ国体・いちご一会とちぎ大会開催まで100日を記念して、宇都宮市内オリオン通り周辺で「開催100日前イベント」が開催されました。


特設会場のステージイベントやいちご一会スタンプラリーなど内容盛りだくさんで行われ、多くの方々でにぎわいました。

県内各市町の国体・障スポPRブースもあり、佐野市では、本市開催競技である「ラグビーフットボール」の体験コーナーを県ラグビーフットボール協会の協力のもと、開設しました。
来場者1名を2名のラグビー選手が持ち上げるというリフティング体験を行いました。
高く持ち上げられ、目の当たりにした絶景に、皆さんすごく興奮していました。


ラグビーボールを持ちながら、全力疾走し体当たりするトライ体験も行いました。
思いっきりぶつかることができるため、力いっぱい振りしぼり、ナイストライを目指し健闘していました。


他には佐野市のマスコットキャラクター「さのまる」の缶バッチ作製体験も行いました。
体験された皆さんは、出来上がった缶バッチを手に取り、とても喜んでいました。


どのブースも個性的で、センスが光るものばかりでとても素敵でした!
佐野市のブースもそれに負けないくらい、笑顔と元気、そして人と人の出会いがあふれていました!国体と障スポが栃木県で開催するワクワク感を多くの方々と共有できた楽しいイベントでした。